JBL LE8T-2 と 2115との聴きくらべ?

JBL LE8T-2
LE8T-2です。このスピーカーはJBLの無指向性スピーカーS119に使用されていたユニットです。スピーカー単体では流通しなかったモデルです。

JBL 2115
2115です。2115はLE8Tのプロユースモデルです。

聴いたのはFreddie Reddの「Live at the Studio Grill」。ずいぶんピアノの音が金音に聴こえてくる。(あんまりいい感じじゃない)
ジャズプレーヤーに尋ねると「あ~このアルバムそういう録音だよ。」と言われて、じゃBill Evans Trioに切り替えました。
いい感じで鳴ってくれました。
これで、LE8T族3タイプを聞きました。
フェライトのLE8T-H、アルニコのLE8T-2、2115です。
LE8T-Hは低音がよく伸びています。ワイドレンジで指向性も広く優等生的な鳴り方です。
アルニコの2機種はなんと言ってもミッドレンジの良さです。
LE8T-2は能率89㏈、2115は能率92㏈の違い、それ以外よく似ています。
2115の方がレンジが少し広い感じで、高域にシフトされている感じですコーン紙が軽いせいかな?。
それぞれすばらしいスピーカーですね。
シングルコーンはネットワークが介在していないので、バランスの良い音を出します。
LE8T族は面白く、深い・・・
強いて言うとLE8T系においてはフェライトかアルニコの選択肢となりますね。
アルニコは減磁の問題がりますが、フェライトにはその問題はありませんね。

Live at the Studio Gii
Live at the Studio Grill

www.2530m.net
スポンサーサイト



禁じ手か?レコード盤の流水洗い

レコード盤水洗い

レコード盤の汚れを除去するのに私は水道で洗っています。
中性洗剤を使い、そのあと流水で仕上げています。どうもこの方法がベストと思っています。
手洗いする時、細菌を除くのには流水で洗うのがいちばん良い方法です。
ですから、レコード盤もきれいになるはずですね。
様々なクリーナーを使いましたがなかなか納得できませんでしたので・・・
「禁じ手」と言われていますが・・・

当地の水道水は超軟水です。電気抵抗も一桁高い水です。
水道水はそれぞれ、様々な水質を持っています。
全部に通用するか というと それは疑問かもしれません。


www.2530m.net

ジャズとオーディオと絨毯

8/22(木)~8/26(月)世界の絨毯の展示会を開催いたします。
この間は「JazzTime」はお休みさせて戴きます。
世界の絨毯展
絨毯のとの出会いは、
絨毯」は究極の吸音材になることが気が付きました。
さらに、シルクの絨毯よりもウールの遊牧民が作っている物の方が優れている感じです。
遊牧民の絨毯はすべて1点物になっており、サイズも模様も同じものは無く、それも面白さになります。
壁と天井がボード、床は硬質の材料で作られている部屋で音を出しても、定在波が発生し音場が成り立たなくなってしまいます。
自分の経験として、床に絨毯を敷き、壁に所々に下げてみました。断然音場が改善されました。
以来、ジャズライブを行う場合はピアノ、ベース、ドラムの下には絨毯を敷きます。
程よくミュートされて、優しい音が聴くことができます。
ジャズとオーディオと絨毯、大事な関係ですね。

www.2530m.net

JBL LE8T 2タイプ

LE8T 2TYPE

おなじみのJBLのLE8Tはフェライトかアルニコという論議が絶えません。
自分自身でも検証と思いました。
写真の右側はフェライトタイプのLE8T-H
左側はアルニコタイプのLE8T-2です。
エンクロージャーを同一にし聴き比べです。
Freddie Reddの「Live At The Studio Gill 」から始めようと思います。

www.2530m.net

RCA2A3の実力と太田寛二トリオ

RCA2A3

2A3のアンプのパスコンの調子が悪かったので交換しました。調整用の某社2A3を挿して音出ししていました。が音がちょっと痩せているかな‥と感じていました。ちょっとブルーですね。

RCAの2A3を挿したところで、アンプが蘇りました。音が太くなり、のみならず音のディテールを再現してくれました。RCAの2A3の実力を再度認識できました。

太田寛二トリオ

嬉しくなりまして、太田寛二トリオの 「A Day New York」のCDを聞きました。彼のピアノのスイングはナンバーワンです。そしてなんとも綺麗なコードを弾きます。スマートなバップを奏でくれます。

ベースは河上 修。しっかりとしたピッチでランニングしています。真空管のせいか、ベースのサスティーンが綺麗に響いてくれます。

ドラムスはリロイ・ウイリアムス。サラサラという感じのレガート、そして手数を足し算も引き算もしない、しっかりスイングしたビートを出して、ピアノと一緒に歌っている。

最高のジャズトリオ!!   半日繰り返し聴いていました。

ニューヨークのスタジオが良いのか?マイキングが良いのか?マスタリングのエンジニアが良いのか?

演奏と環境とエンジニアが素晴らしいので結果が出てるのかな? ジャズ好きの人は押さえておきたい1枚です。


                                 www.2530m.net

プロフィール

grandscharmoz

Author:grandscharmoz
長野県蓼科山登山口,白樺高原国際スキー場に一番近い宿です。
山と湖とジャズが聴こえる小さな宿です。

TEL 0267(55)6255
FAX 0267(55)6873
mail:
montagnede2530@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR